日本語

ウォルフガング(Wolfgang)はドイツのボンに生まれ、オーストリアのグラーツ音楽芸術大学にてピアノとオーケストラ指揮を学ぶ。

すぐさまクラシック音楽に自らの音楽人生を捧げることを決め、2002年にはベルリン・コーミッシェ・オーパー(イゴリ・ストラヴィンスキーの« 兵士の物語 », ウォルフガング・アマデウス・モーツアルトの« フィガロの結婚 » や、ニコラ・リムスキー=コルサコフの« 金鶏 » などで指揮を執った歌劇場)のコレペティートルとして音楽キャリアをスタートした。非常に熱心な働き者であった為ますます責任のある重要な仕事のオファー を受けていく。

2007年にはニーダーザクセン州のハノーファーのヒルデスハイム劇場の楽長(カペルマイスター)となり、2009年から2014年までヴィースハーデンのヘッセン国立劇場の楽長(カペルマイスター)を務める。

さらにゲヴァントハウスのライプツィヒ・シンフォニーオーケストラ、フランクフルト・ラジオフォニックシンフォニーオーケストラ、ハノーファー・ラジオ フィルハーモニー、ランドバーデンのシュターツカペレ、ベルン・シンフォニーオーケストラ、ブレーメン・フィルハーモニーオーケストラ、、、などドイツ、 ヨーロッパ全土にて数多くのオーケストラの指揮者を務めた。

2009年からルールトリエンナーレとの定期的なコラボレーションを始め、2011年からは日本の静岡県シンフォニーオーケストラとも密接な関係となり、2013年以降はキリル・ペトレンコのアシスタントとしてバイロイト・フェスティバルにも参加している。

2014/2015年度は、コペンハーゲン・王立劇場でモーツアルトの« 魔笛»、ピョートル・チャイコフスキーの «白鳥の湖» の指揮を執り、リヨン国立歌劇場でフランツ・シュレーカーの«烙印を押された人々» にも参加をした。

2015/2016年度は、ブエノスアイレス ・コロン劇場(オペラ・パルジファル)、ウィーン国立歌劇場(カプリッチョ(奇想曲)でベルトラン・ド・ビリーのアシスタント)での活動、ストックホルム のスウェーデン王立歌劇場での« 不思議の国のアリス»の指揮者を務める事が予定されている。